日本でCELTA資格コース


TESOL ▸ CELTA CELT-S ▸

英語講師のための資格 CELTA

CELTA(The Certificate in English Language Teaching to Adults)は、イギリス、ケンブリッジ大学の英語認定機構が認定している資格で、世界に認められています。
レクシス語学学院のグループ会社であるLexis TESOL Training Centres Japan (LTTC Japan) は、日本で唯一フルタイムでコースを受講できるセンターです。LTTC Japanとしては2016年11月に最初のコースを開講しました。
日本人でも受講可能なコースです。

CELTAコースの概要

CELTAコースは、カリキュラム、受講期間、受講条件、トレーナ(CELTAを教える教師)の資格等、全てにおいてケンブリッジ大学によって細かく定めらたコースシラバスに基づいて構成されています。

0
シラバスはCambridge English Language Assessmentのウェブサイトから確認できます。

CELTAコース学習内容の例

1.英語教授法の原則、外国語を教える&学ぶテクニック

2.言語学における英語の形式、Phonology(音韻論、発音、音のストレスなど)、文法の機能

3.英語4技能(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング)の指導・学習について

4.生徒の理解度のチェック方法、生徒の間違いに対する分析と指導方法、クラスルームマネージメント、グループワークやペアワークでの指導法

5.レッスンプラン・コースプラン・授業スケジュールの組み立て方

6.様々な学習・指導スタイル、生徒(高校生以上の大人)の英語レッスンに対するモチベーション維持の仕方など

7.あらゆる教材へのアプローチ方法

2017年CELTAコース開講日程

期間 4週間
開始日 2017年2月6日(終了) ・ 2017年6月5日(終了) ・ 2017年9月4日
費用 250,000 円 (2017年度費用)
英語力 上級の英語力 (例:ケンブリッジ英語検定試験CAEでB判定以上の合格、IELTS7.0以上など)
入学手続き 1.Lexis TESOL Training Centresウェブサイトよりお申込み 
2.面接に関してLexis TESOL Training Centresより返信
3.スカイプによる面接(60-90分)
4.合否の連絡

CELTAコースを卒業したTAKAさんの体験談

Q. TAKAさんの英語力は?

ずっと英語に興味があり、英語講師になることが夢でした。高校時代を1年間アメリカの現地校で過ごしました。そして、オーストラリアでも一年間日本語教師アシスタントとして現地校に派遣されました。会話力・コミュニケーション力という意味では自信がありましたが、英語を英語で教えるとなると話は別です。

 

Q. CELTAコースを受講したきっかけは何ですか?

現在は塾で英語講師をしていますが、来年には中・高等学校の英語教員資格が取れる予定です。よく聞くTESOLコースは、あまり受講しても意味がないと知っていましたから、世界共通の英語資格であるCELTAコースを受けることができて本当に良かったです。(といっても、CELTAコースについてはほとんど知らなかったのですが・・・)

 

Q. CELTAコースを受講された率直な感想を聞かせてください。

毎日睡眠時間が2-3時間、課題や模擬授業の準備が本当に大変でした。僕が日本人だからということではなく、ペアでティーチングをしていたスコットランド人のアレックスや、他のネイティブのトレーニーたちも同じでした。

ただ、CELTAトレーナーのスチュワートとデイビッドにサポートの大きさに、本当に感謝しています。いかに僕たちトレーニーのことを思ってくれているのかというのが指導方法からも伝わってきました。今回CELTAコースを受講して、最大の財産・最強の強みは、このトレーナーたちとの出会いと言えると思います。

 

Q. 塾で英語講師として活躍されていますが、CELTAコースを受けてみていままでTAKAさんがされていた指導法と違いはありましたか?

とても大きな違いです!CELTAコースを受けて、もともと自分の中で感じていた、「日本の英語指導方法の悪さ」が更に露呈されたと思います。塾で英語を教えているから、文法の知識や単語力には自信がありました。ただ、英語を英語で教えることの重要さ、そしてCELTAの最大の特徴であるコミュニケーションを重視した教授法に感激しました。日本での英語教授法は、まさにインプットばかりで実際に「使える英語」としてはゼロだとおもいます。

CELTAコースでは、ペアワークやグループワークをさせて、いかに実際に話す・使ってみる(=アウトプット)の機会を増やすということを徹底的に集中します。また生徒がどれだけ理解しているかを確認する質問として、”Do you understand? ” や”Do you know ~?”という質問は絶対しては言えないということが衝撃的でした。この質問をしたら必ず生徒たちは”Yes”というからです。そのため、直接的に「Do you understand?わかりますか?」と聞くのではなく、CCQ(Concept Checking Question)といって、生徒が概念を理解しているかチェックする質問をするのです。

例えば、国歌=National Anthem というトピックを授業で話しているとしましょう。生徒がこのNational Anthemという単語を理解しているか確認したいときです。「National Anthemの例をあげてみて」「National Anthemをうたってみて」と生徒に指示を与えます。そこで、「君が代」が聞こえてくれば、その生徒はNational Anthemの意味を理解しています。「National Anthemってわかりますか?」という質問をせずに、生徒の理解度をチェックできるのです。

CCQだけでなくたくさんのテクニックやスキルを学びました。大変な4週間ですが本当にCELTAコースを受講してみてよかったと思います。現在英語講師のみなさん、英語講師を目指している皆さん、是非CELTAコースの受講を考えてみてください。


〒650-0038 神戸市中央区西町36
三菱UFJ信託銀行神戸ビル9階
TEL 078-331-0944 電話受付 9:00~17:30 土日祝除く
メールは24時間受付ております

 
     INAC神戸レオネッサのランゲージトレーニングサプライヤーです。      

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP